愛犬の穀物アレルギー

愛犬がもしも穀物アレルギーだったら、慎重にドッグフードを選ばなければなりません。というのも、ほとんどのドッグフードには、穀類が使用されているから。犬にもよりますが、ほんの少しの穀物を口にしただけでも、ショックを受けてしまう犬もいます。犬は人間の言葉が話せませんから、体調が悪いことを飼い主に上手く知らせることができないうちに、症状を悪化させてしまうかもしれません。

犬の食物アレルギーでは、牛肉や鶏肉、鶏卵、乳製品、小麦、とうもろこしなどが代表的なアレルゲンにあげられています。小麦やとうもろこしは穀類で、多くのドッグフードにも使用されているのが見逃せません。最近では、皮膚トラブルなどのアレルギーを引き起こしやすいとして「穀物不使用ドッグフード」も販売されていますが、スーパーなど、手頃な価格で購入できるドッグフードにはまだまだ穀物が入っているので注意が必要です。

また、これらの食材の次にアレルゲンとしてあげられているのが、大豆や豚肉、ラム肉など。食物アレルギーを持つ犬は、大体1~2種類のアレルゲンに弱いと考えられています。

問題は、穀物そのものにあるとは限らず、動物のエサに含まれた抗生物質や農薬、化学肥料などにあるのではないかという説もあり。いずれにしても、食物アレルギーを持った愛犬が毎日を健康に楽しく過ごすためには、食事に気を付けてあげることが大切です。そこで注目されているのが、サツマイモが配合されたドッグフードです。